技能講習

ホーム/技能講習

プレス機械作業主任者

プレス機械作業主任者とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-1 登録満了日 令和6年3月30日)

プレス作業では、作業者が金型の間に手や指等をはさまれことによる労働災害が発生しており、その多くが身体に障害を残す災害となっています。このようなことから、プレス機械作業主任者は、プレス機械及び安全装置の点検、プレス機械に異常を認めたときの適正な措置、切替スイッチを設けたプレス機械・安全装置などのキーの保管、金型の取り付け、取り外し及び調整の作業を直接指揮するなど重要な役割を担っています。
なお、作業主任者を選任すべき事業場は、動力プレス機械を5台以上有する事業場です。

労働安全衛生法第14条、安衛則第6条第7号

講 習 会 場 ポリテクセンター茨城
受 講 料 金 1名につき 11,420円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 1、540 円(税込)

カリキュラム(学科3日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 プレス機械・安全装置の種類、構造及び機能に関する知識 6時間
2日目 プレス機械・安全装置の保守点検に関する知識 1時間
作業の方法に関する知識 5時間
3日目 関係法令 2時間
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

プレス機械作業主任者2020-08-26T20:25:42+09:00

乾燥設備作業主任者

乾燥設備作業主任者とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-2登録満了日 令和6年3月30日)

乾燥設備をはじめて使用するとき、または乾燥方法や乾燥物の種類を変えたときは、乾燥設備の取扱い方法、乾燥条件などの乾燥作業の方法について、労働者に十分に周知させるとともに、乾燥作業を直接指揮して、適正な乾燥作業の遂行するための安全を図る重要な役割を担っています。
なお、作業主任者を選任すべき乾燥設備は、労働安全衛生法第14条、同法施行令第6条8号に定められています。

労働安全衛生法第14条、安衛則第6条第8号

講 習 会 場 ワークヒル土浦
受 講 料 金 1名につき 11,420円(税込、テキスト代込)
テ  キ ス  ト 1、540 円(税込)

カリキュラム(学科2日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 乾燥設備及びその附属設備の構造及び取扱いに関する知識 4時間
保乾燥設備、その附属設備等の点検整備及び異常時の処置に関する知識 2時間
2日目 乾燥設備、その附属設備等の点検整備及び異常時の処置に関する知識 2時間
乾燥作業の管理に関する知識 5時間
3日目(実技) 関係法令 2時間
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

乾燥設備作業主任者2021-08-31T10:57:51+09:00

特化物・四アルキル鉛作業主任者

特定化学物質・及び四アルキル鉛等作業主任者とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-15 登録満了日 令和6年3月30日)

作業に従事する労働者の身体が特定化学物質等に汚染され、またはこれらを吸入しないように作業の方法を決定し、労働者を指揮する、局所排気装置等の装置を点検する、保護具の使用状況を監視するなど重要な役割を担っています。
なお、特定化学物質障害予防規則の対象となる物質は、製造禁止物質が8種類、第一類物質(製造許可)が7種類及びその含有物、第二類物質は37種類及びその含有物、第三類物質は8種類及びその含有物です。

労働安全衛生法第14条、安衛則第6条第18号

講 習 会 場 ポリテクセンター茨城
受 講 料 金 1名につき 12,480円(税込、テキスト代込み、溶接ヒューム向け【連合会HP】
テ  キ ス  ト 1冊:1、980 円(税込)

カリキュラム(学科2日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 作業環境の改善方法に関する知識 4時間
保護具に関する知識 2時間
2日目 健康被害及びその予防措置に関する知識 4時間
関係法令 3時間(溶接ヒューム含む)
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

特化物・四アルキル鉛作業主任者2021-03-15T21:03:53+09:00

酸欠・硫化水素危険作業主任者

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-7 登録満了日 令和6年3月30日)

作業に従事する労働者が酸欠の空気及び硫化水素を吸入しないように作業の方法を決定し、労働者を指揮し、作業を行う場所の空気中の酸素及び硫化水素の濃度を測定する。また、測定器具、空気呼吸器等の器具を点検し、空気呼吸器等の使用状況を監視する重要な役割を担っています。
なお、選任すべき作業は、酸素欠乏症にかかるおそれ及び硫化水素中毒にかかるおそれのあるたて抗、ずい道、マンホール又はピット内部、タンク、サイロ等の場所における作業です。

労働安全衛生法第14条、同法施行令第6条第21号

講 習 会 場 ポリテクセンター茨城、又は(一社)龍ケ崎労働基準協会
受 講 料 金 1名につき 16,060円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 2、310 円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 酸素欠乏及び硫化水素の発生の原因及び防止措置に関する知識 4時間
保護具に関する知識 2時間
2日目 関係法令 2時間30分
酸素欠乏症、硫化水素中毒及び救急そ生に関する知識 3時間
修了試験 1時間
3日目(実技) 救急そ生の方法/酸素・硫化水素濃度測定方法 4時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

酸欠・硫化水素危険作業主任者2021-07-01T20:26:53+09:00

ガス溶接技能講習

ガス溶接技能講習とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-10 登録満了日 令和6年3月30日)

可燃性のガス及び酸素を使用して行う溶接、溶断、加熱の作業は、製造業や建設業など広く産業界において行われています。しかし、ガス溶接・溶断作業は、アセチレンなどの可燃性ガス及び支燃性ガスである酸素を使用することから、溶接装置の取り扱い方法の誤り、不適切な作業管理、溶接装置等の不備などに起因して、毎年、付近の可燃物への燃焼、衣類への火災、ガス漏れ爆発などの労働災害が発生しています。そのため、これらの労働災害を防止するためには、溶接装置の点検・整備、適正な作業管理の遂行、作業者に対する安全教育が必要です。

労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条第10号

講 習 会 場 龍ケ崎労働基準協会
受 講 料 金 1名につき 11,203円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 880 円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 可燃性ガス及び酸素に関する知識 3時間
設備の構造及び取扱いの方法に関する知識 4時間
2日目 関係法令 1時間
修了試験 1時間
使用する設備の取扱い(実技) 5時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

ガス溶接技能講習2020-09-15T14:37:04+09:00

小型移動式クレーン運転

小型移動式クレーン運転技能講習



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-9 登録満了日 令和6年3月30日)

移動式クレーンには、クレーン部を搭載したトラッククレーン、ホイールクレーン、クローラクレーンなどがありますが、小型移動式クレーンとは、トラックの荷台と運転席の間にアウトリガー付きクレーン装置を架装した積載形クレーンのうちつり上げ荷重が1トン以上5トン未満のクレーンを言います。その中で3トン未満の積載形クレーンの事故は多く起きています。運転者に小型移動式クレーンの知識や原動機・電気に関する知識及び基礎的な力学に関する知識など運転に必要な知識を学ぶ講習です。

労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第15号

講 習 会 場 (一社)龍ケ崎労働基準協会
受 講 料 金 全科目受講者  1名につき 34,680円(税込、テキスト代込み)
力学学科免除者 1名につき 32,480円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 1冊:1、680 円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 小型移動式クレーンに関する知識 6時間
関係法令 1時間
2日目 小型移動式クレーン運転のために必要な力学に関する知識 3時間
原動機及び電気に関する知識 3時間
修了試験 1時間
3日目(実技) 小型移動式クレーン運転 6時間
小型移動式クレーンの運転のための合図
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

小型移動式クレーン運転2020-08-26T20:22:23+09:00

床上操作式クレーン運転技能講習

床上操作式クレーン運転技能講習とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-8 登録満了日 令和6年3月30日)

天井クレーンや橋形クレーン、ジブクレーンなど生産現場や港湾などで多く使われていますが、クレーンの中で、床上で運転し、かつ、当該運転をする者が荷の移動とともに移動する方式のクレーンです。運転者が玉掛け作業も行うことが容易ですが、床上操作式クレーンは事故も多く起きています。運転者にクレーンの知識や床上操作式クレーンの運転・点検、基礎的な力学に関する知識を学ぶ講習です。

労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条第6号

講 習 会 場 (一社)龍ケ崎労働基準協会
受 講 料 金 全科目受講者  1名につき 34,680円(税込、テキスト代込み)
力学学科免除者 1名につき 32,480円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 1冊:1、680 円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 床上操作式クレーン運転に関する知識 6時間
関係法令 1時間
2日目 クレーン運転のために必要な力学に関する知識 3時間
原動機及び電気に関する知識 3時間
修了試験 1時間
3日目(実技) 床上操作式クレーン運転 6時間
床上操作式クレーンの運転のための合図 1時間
修了試験
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

床上操作式クレーン運転技能講習2020-08-26T20:21:46+09:00

玉掛け技能講習

玉掛けとは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-13 登録満了日 令和6年3月30日)

クレーンや移動式クレーンを用いて荷役運搬する際に行う荷掛け、荷はずしの作業のことを玉掛けといいます。重量物の玉掛け作業に起因して労働災害も多く発生しています。玉掛け作業者が明確な合図のもとに、適切な玉掛けを行うことが重要です。玉掛けの方法や合図の方法、玉掛けの選定や使用方法等について学びます。

労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条第16号

講 習 会 場 ポリテクセンター茨城他
受 講 料 金 全科目受講者  1名につき 18,741円(税込、テキスト代込み)
力学学科免除者 1名につき 16,957円(税込、テキスト代込み)
テ  キ ス  ト 1冊:1、680 円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 クレーンに関する知識 1時間
クレーン等玉掛けの方法 5時間
2日目 クレーン等玉掛けの方法 2時間
玉掛けに必要な力学に関する知識 3時間
関係法令 1時間
修了試験 1時間
3日目(実技) クレーンの玉掛け 6時間
クレーンの運転のための合図 1時間
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙(A)
お申込用紙(B)

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙(A)
お申込用紙(B)

玉掛け技能講習2020-08-26T20:21:10+09:00

有機溶剤作業主任者技能講習

有機溶剤作業主任者技能講習



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-10 登録満了日 令和6年3月30日)

作業に従事する労働者の身体が有機溶剤に汚染され、または有機溶剤の蒸気を吸入しないように作業の方法を決定し、労働者を指揮する、局所排気装置等の装置を点検する、保護具の使用状況を監視するなど重要な役割を担っています。
なお、有機溶剤中毒予防規則の対象となる有機溶剤は、44種類(安衛法施行令別表第6の2)の有機溶剤とそれらの物のみから成る混合物です。また、有機溶剤含有物についても有機溶剤と有機溶剤以外の物との混合物で、有機溶剤を当該混合物の5%を超えて含有するものも対象となっています。

労働安全衛生法第14条、同法施行令第6条第22号

講 習 会 場 ポリテクセンター茨城
受 講 料 金 1名につき 11,860円(税込)
テ  キ ス  ト 1、980 円(税込)

カリキュラム(学科2日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 作業環境の改善に関する知識 4時間
保護具に関する知識 2時間
2日目 健康障害及びその予防措置に関する知識 4時間
関係法令 2時間30分
修了試験 1時間
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

有機溶剤作業主任者技能講習2020-10-29T15:40:56+09:00

フォークリフト運転技能講習

フォークリフト運転技能講習とは



(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-11 登録満了日 令和6年3月30日)

フォークリフトは、製造業や運送業、倉庫業、小売・卸売業など広く使用されている荷役運搬機械です。運転が比較的容易で乗用車に近い感覚で運転できる利点がありますが、走行運転だけでなく、重い荷を運搬したり、荷積み・荷降ろし作業をしたり危険を伴う荷役という特殊な作業を伴います。そのため、フォークリフト作業の特殊性を十分理解しないことによる労働災害も多く発生しています。
これらの労働災害を防止するためには、フォークリフトの走行及び荷役に関する装置の構造、運転に必要な力学に関する知識、フォークリフトの点検・整備、安全な作業をする上でフォークリフト運転の基本等を学ぶことが必要です。

労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条11号

講 習 会 場 学科/実技:「講習会申込状況」の「開催場所」に記載されています
受 講 料 金 全科目受講者  1名につき 40,231円(税込、テキスト代込み)
走行学科免除者 1名につき 36,880円(税込、テキスト代込み、自動車免許保有者)
テ  キ ス  ト 1冊:1、680 円(税込)

カリキュラム(学科1日・実技1~3日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識 4時間
運転に必要な力学に関する知識 2時間
関係法令 1時間
修了試験 1時間
2~4日目
実技
走行の操作・荷役の操作 24時間(3日間)
※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。

学科会場:ポリテクセンター茨城
(常総主催)

学科試験会場案内図(PDF)

実技会場:(一社)常総労働基準協会
鴻野山1657(常総主催)

実技試験会場案内(PDF)

お申込用紙ダウンロード(PDF)

お申込用紙

お申込用紙ダウンロード(WORD)

お申込用紙

フォークリフト運転技能講習2020-09-26T19:45:37+09:00
Go to Top