joso

ホーム/tsutomuaoyama

About tsutomuaoyama

この作成者は詳細を入力していません
So far tsutomuaoyama has created 52 blog entries.

管内の労働災害発生状況について

〇令和4年12月末の労働災害発生状況です。

・常総労働基準監督署管内では休業4日以上の労働災害が471件発生しています。前年が335件ですので、136件(40.6%)の大幅な増加となっています。業種別にみると、社会福祉施設、製造業、その他の事業等で増加しています。特に、新型コロナウィルス感染症による労働災害が175件と全体の37%を占めています。

※災害統計はこちら↓

●令和4年労働災害発生状況(令和4年12月末現在)

※茨城労働局のホームページ内にも「常総労働基準監督署のお知らせ」が掲載されています。こちら↓

●常総労働基準監督署からのお知らせ | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

※「茨城県内の労働災害発生状況」はこちらをご覧ください。こちら↓

●労働災害速報・状況 | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

 

 

管内の労働災害発生状況について2023-01-30T10:34:07+09:00

無災害記録の達成について

当協会の会員事業場が無災害記録を達成しました。同社は令和4年10月11日に無災害記録日数1,800日を達成しました。おめでとうございます。

なお、同社に対しては、中央労働災害防止協会から賞状と副賞の盾が授与されました。

1 事業場     サンライズ工業株式会社 水海道工場 (常総市)

2 種 別     銀賞(第四種)

3 無災害記録日数 1,800日

無災害記録の達成について2023-01-06T16:37:24+09:00

年末年始休業日のお知らせ

当協会は年末年始は12月24日(土)から1月4日(水)まで休業とさせていただきます。

1月5日(木)は午前8時半から通常どおり業務を行います。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

〇年末年始休業日のお知らせ

一般社団法人 常総労働基準協会

 

年末年始休業日のお知らせ2022-12-09T09:17:34+09:00

茨城県特定(産業別)最低賃金改正のお知らせ

茨城県の特定(産業別)最低賃金が本年12月31日から改正されます。

「最低賃金」は雇う上でも、働く上でも、最低限のルールです。

特定(産業別)最低賃金の額等についてはこちら↓

〇茨城県の特定(産業別)最低賃金のお知らせ

茨城労働局労働基準部賃金室のホームページもご覧ください。こちら↓

〇茨城県の最低賃金 | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

 

茨城県特定(産業別)最低賃金改正のお知らせ2022-12-08T16:24:15+09:00

2023年度巡回健康診断の受診申し込みについて

当協会では(一財)全日本労働福祉協会と共催で、会員事業場を対象に巡回健康診断(定期健康診断、特殊健康診断)を実施しています。会員事業場の皆様方には先般ご案内を送付いたしました。健診機関において、健診計画を作成するため、できるだけお早めにお申し込みいただくようお願い申し上げます。

なお、諸般の事情により健康診断価格を改定させていただくことになりました。改定価格等については別紙「健康診断価格改定のお願い」をご覧ください。

※「2023年度巡回健康診断、特殊健康診断の受診申し込みについて」はこちら↓

◎2023巡回健診の受診申込みについて

※健康診断価格改定のお願いはこちら↓

健康診断価格改定のお願い

(参考)

1 定期健康診断

常時使用する労働者に対して、労働安全衛生法第66条第1項により1年以内ごとに1回、定期に健康診断を実施することが義務付けられています。なお、深夜業等有害な業務に従事する労働者に対しては6か月に1回となっています。

2 特殊健康診断

有機溶剤業務等の一定の有害な業務に従事する労働者に対しては労働安全衛生法第66条第2項に基づき、6月以内ごとに1回、定期に健康診断を実施することが義務づけられています。

※労働安全衛生法施行令第22条参照

http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-1/hor1-1-7-1-0.htm

 

なお、健康診断のほか、環境測定も実施しています。

有害な業務を行う屋内作業場等で、一定のものについては労働安全衛生法第65条に基づき、作業環境測定の実施が義務付けられています。

※労働安全衛生法施行令第20条参照

http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-1/hor1-1-7-1-0.htm

 

<お問合せ先>

1 一般社団法人常総労働基準協会

電話0297-22-0949

https://roukiren-joso.org/

 

2 一般財団法人全日本労働福祉協会 茨城県支部

電話0299-37-8855

http://zrf.or.jp/ibaraki/

2023年度巡回健康診断の受診申し込みについて2022-12-05T15:08:15+09:00

令和4年度 年末年始無災害運動について

年末年始無災害運動は、働く人たちが年末年始を無事故で過ごし、明るい新年を迎えることが出来るよう、事業場等の取組促進を図ることが目的です。

期間中は、経営トップの安全衛生方針の決意表明や、リスクアセスメント等の導入・定着など安全衛生意識高揚のための活動を実施しましょう。

大掃除などで一斉に設備を停止した上で、点検や修理を行う「非定常作業」では、「はさまれ・巻き込まれ」などの災害に特に注意が必要です。

常総労働基準監督署管内では労働災害の増加傾向が続いていますので、年末年始無災害運動への積極的な取り組みをお願いいたします。

・実施期間 令和4年12月1日から令和5年1月15日まで

・運動標語 「待ってます 元気なあなた 明るく迎える年末年始」

※「年末年始無災害運動のパンフレット」はこちら↓

年末年始無災害運動

※「年末年始無災害運動実施要領」はこちら↓

令和4年度年末年始無災害運動実施要領

※「年末年始無災害運動」について詳しく知りたい方はこちら↓

〇中災防:年末年始無災害運動 (jisha.or.jp)

 

令和4年度 年末年始無災害運動について2022-11-29T09:32:25+09:00

管内の労働災害発生状況について

〇令和4年10月末の労働災害発生状況です。

常総労働基準監督署管内の労働災害が大幅に増加しています。

本年10月末の労働災害発生状況を見ると、休業4日以上の災害が383件と前年の280件と比較して、同期比+103件(+38%)と大幅な増加となっています。特に、業種別にみると、社会福祉施設、製造業、陸上貨物運送事業で災害が増加しています。

死亡災害については前年は発生しませんでしたが、本年は1件発生しています。

(当署管内では令和2年と令和3年の2年間は死亡災害ゼロを達成しました。(死亡災害ゼロ達成期間915日))

※災害統計はこちら↓

●令和4年労働災害発生状況(令和4年10月末現在)

※茨城労働局のホームページ内にも「常総労働基準監督署のお知らせ」が掲載されています。こちら↓

●常総労働基準監督署からのお知らせ | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

※「茨城県内の労働災害発生状況」はこちらをご覧ください。こちら↓

●労働災害速報・状況 | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

 

管内の労働災害発生状況について2022-11-29T08:59:59+09:00

管内の労働災害発生状況について

〇令和4年9月末の労働災害発生状況です。

常総労働基準監督署管内の労働災害が大幅に増加しています。

休業4日以上の災害が345件と前年の227件と比較して、同期比+118件(+52%)と大幅な増加となっています。特に、業種別にみると、製造業、社会福祉施設、陸上貨物運送事業で災害が増加しています。

死亡災害については前年は発生しませんでしたが、本年は1件発生しています。

(当署管内では令和2年と令和3年の2年間は死亡災害ゼロを達成しました。(死亡災害ゼロ達成期間915日))

※災害統計はこちら↓

●令和4年労働災害発生状況(令和4年9月末現在)

※茨城労働局のホームページ内にも「常総労働基準監督署のお知らせ」が掲載されています。こちら↓

●常総労働基準監督署からのお知らせ | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

※「茨城県内の労働災害発生状況」はこちらをご覧ください。こちら↓

●労働災害速報・状況 | 茨城労働局 (mhlw.go.jp)

管内の労働災害発生状況について2022-10-25T10:36:46+09:00

講習受講生が新型コロナの陽性となったことのお知らせ

当協会が実施した講習の受講生が新型コロナの陽性となりましたのでお知らせします。

なお、同一講習を受講した他の受講生・担当講師及び担当職員で濃厚接触者に該当する方はいらっしゃいません。

詳しくはくは下記をご覧ください。↓

◎講習受講生が新型コロナの陽性となったことのお知らせ

本件についてのお問合せは

(一社)常総労働基準協会 0297-22-0949

までお願いいたします。

講習受講生が新型コロナの陽性となったことのお知らせ2022-10-17T10:45:07+09:00
Load More Posts
Go to Top